FC2ブログ

皮脳同根べっぴんさん

元エステティシャンが発信する美容情報ブログ
2021 031234567891011121314151617181920212223242526272829302021 05

その鼓動は徐々に終焉に向かっている

車もお家もパソコンも、結局は消耗品。最初は調子がいいのですが、だんだんガタが出てきて、修理してもしばらくするとまたガタが始まる。そしてそのガタの頻度が多くなり、最終的にはもう使い物にならなくなり、やがて破棄。その過程は物に限らず、人間、動物、昆虫、植物もすべて、地球上のもの全てにあてはまる事実。

以前美容外科学会の演題でも言っていたのですが、人間の心臓は消耗品です。約15~20億回、これが人の一生の間の心拍数。こんだけ心臓がドクドクなったらもう寿命が終わるのだそうです。

それを考えると、スポーツ選手に短命が多いのもうなずけますね。スポーツ選手は体の機能を極限まで高めます。その分心拍数も早くなりますから心臓の寿命に到達するのも早い。車を常に猛スピードでフル発進させればすぐガタが来るのと同じです。

そんな話を聞いてから音ちゅら子は、心臓のドクドクを感じる度、今現在の、この1秒1秒を大切に過ごそうっと思えてきます。何気ない日、たいくつな日、悲しい日、怒りに燃えた日。人生楽しいことばかりではありませんが、命ある事に感謝して日々成長して満足のいく人生を送りたいです。

とまぁ、今日はちょっと仕事で思い悩むことがあり、こんな記事になってしまいました。明日からちゃんと美容記事書きます。ちゃんちゃん♪

12.png12.png

ランキング参加しています。ポチしてくれると嬉しいです。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ  blogram投票ボタン  





ニキビとピル

フェイスラインにニキビが大量にできる方はホルモンバランスが大きく関わっているっというのは今や広く知れ渡っている知識の一つ。いくら化粧品やらレーザーやらでしっかりケアしたとしてもすぐ再発する。だって中からのホルモンが関係しているんですもの。表からあーだこーだやっても限界がある。中からしっかりホルモンをコントロールする、というか、正常にしてあげる事が一番の近道です。

なぜこんな事いきなり書くかっていうと、今朝妹から

「顎のニキビが急に増え、皮膚を埋め尽くしている。表情とるだけで痛すぎる。どうしたらいい?」

という相談メールがありました。もともと妹は生理痛がすごく、子宮がなんちゃらかんちゃららしく、婦人科の先生からピル服用する事を勧められていた事があります。それに加え、シコリのような変なニキビが生理前によく発生しているのを何回が見たことがあります。それを踏まえ私はピルを飲むようにすすめました。そしたらこの様な返信がありました。

「ピルはいまだに怖いイメージがあるから抵抗をかんじる。確か副作用があるんだよね?頑張って生活習慣や食生活で治せないかなぁ。」

ふ・ざ・け・る・な!!!!!!!!!

ピルに対する先入観を捨てろっつーの!
薬はなんでも副作用の一つや二つありますから!
正常じゃないホルモンを整えるだけですから!
生活習慣、食生活改善は効果的だけど長期戦になるっつーの!
生活習慣よくてもニキビできるっつーの!
跡になる前にはよ手をうてっつーの!


という気持ちでいっぱいの姉、音ちゅら子でした。

ピルはいいお薬です。変なお薬だったら処方箋なんかで出やしませんよ。
太った・余計ニキビできた・吐き気がする・・・などの副作用は確かにあります。でもそれはその種類のピルがあなたの体には合わなかっただけ。合うものが見つかればイイ結果につながります。サイトなどをいろいろ見てみると、会わなかった事が原因で起こる副作用を経験し、二度とピルなんて飲みたくないっていう事を書いてる人がいます。確かにそんな経験しちゃーもう飲みたくないでしょうね。そういうマイナスの文章って人間の記憶に残りやすいので、だからよりピルに対する不安感が募るのだと思います。

ニキビ先進国のアメリカじゃーニキビにピルはよく出されますからね。皮脂調節にはピルが一番効果的なようです。それに日本ではまだまだ知れ渡っていない過酸化ベンゾイルまで普通に買えちゃいますからね。

日本ではニキビ治療に対する進歩が劣っているので、だからニキビ=ピルという発想に今だ躊躇するんでしょうね。

12.png12.png

ランキング参加しています。ポチしてくれると嬉しいです。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ  blogram投票ボタン  




コラーゲンは飲んでも本当に効果があるのか?

数多くのコラーゲン配合サプリメントが市場に多く出回っています。
「コレを飲むとお肌がプルプル」「シワがなくなった」
などのキャッチコピーにつられて誰しも一度は買ったことがあると思います。音ちゅら子もホイホイ買ってました☆しかも今現在進行形です。
一度は買うのを止めたことがあったんですよ。「コラーゲン飲んだところでただの栄養になるだけで意味が無い」と思ったし、科学的な根拠も無いからです。コレで肌がキレイになったと言われる方はただのプラシーボ効果。思い込みの一時的な効果であって肌自体はなんら変わりはない。なのにけして安くはないコラーゲンサプリに投資しているなんてバカみたい・・・と思ったわけです。

コラーゲン
でも、去年かな、職場で学会の報告会がありまして、そこで先生がコラーゲンは飲んでも無駄だといわれてきたけど、実はそんなことはなくて、飲む事によってコラーゲンの3重らせん構造の一部になるから飲まないより飲んだほうがいいという事なんです。


色々調べてみたらこんな記事を発見しました。以下抜粋

コラーゲン(ゼラチン)の分解物のペプチドが皮膚の傷の修復を助けるメカニズムが、京都府立大などのグループの研究で分かった。コラーゲンは「肌に良い」と言われながらもそのメカニズムは不明で疑問視する声もあったが、機能の一端が初めて確かめられた。近く発行される米国化学会の学術誌「食品と農芸化学誌」の2009年第2号に掲載される。

 グループは、佐藤健司教授(食品機能学)、大学院生の岩井浩二さん、大阪夕陽丘学園短期大の重村泰毅助教ら。

 コラーゲンは皮膚や軟骨などを構成するタンパク質の一つで、食物から摂取すると分解されて体内に吸収される。これまで個々のアミノ酸にまで分解して吸収されると考えられており、「肌に良い」のがコラーゲン本来の働きかどうかは不明だった。

 佐藤教授らは、人の実験で、ブタや魚のコラーゲンを食べると、コラーゲンに多いアミノ酸のヒドロキシプロリンとプロリンが結びついたペプチド(アミノ酸化合物)が血中に長時間にわたって増えることを突き止めた。

 このペプチドの機能をマウスの皮膚細胞で調べたところ、ペプチドが再びコラーゲンになるのではなく、コラーゲンを作って傷を修復している皮膚の繊維芽細胞を傷の部分に呼び寄せるのを助けることが分かった。

 佐藤教授は「コラーゲンの一部はペプチドとして体内に取り込まれて働いているらしい。コラーゲンの摂取により血圧を降下させたり、骨密度低下を抑えることも報告されており、その機能を確かめたい」と話している。

(京都新聞より)


一般的にコラーゲンって摂取しても分解されてアミノ酸になるだけっと考えられてきたけどこれを読むと何かしら体に良い影響を与えてくれることが分かりますね。
コラーゲンドリンク飲んだ次の日、いつもより肌がプルっと潤っているのを実感できていたので、絶対にただのプラシーボなんかではこんなに効果はでないと思っていましたが、本当でした!そして今現在、コラーゲンサプリを買いあさっている音ちゅら子なのでした。
まだまだナゾの多いコラーゲン。
飲んでいて損はないですね☆今後の研究結果に期待しています。


アスタリフトコラーゲン
アスタリフト


こちらの記事も参考にしてね

・アスタリフト・コラーゲンドリンク:レポ
・コラーゲンサプリメント一覧
・コラーゲンいっぱい:にんにくすっぽん卵黄



12.png12.png


ランキング参加しています。ポチしてくれると嬉しいです。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ  blogram投票ボタン  

レーザー治療のリスク

今や数多くの医療用レーザーが沢山でてますね。

fraxel.jpg    ipl.jpg


アンチエイジング用ですと
・タイタン ・サーマクール ・テノール ・ポラリス ・ウルセラ

肌質改善だと
・フラクショナルレーザー ・レーザーフェイシャル ・フォトフェイシャル ・ジェネシス ・クリアタッチ ・Vビーム ・イントラセル

などなど・・・。
まさに諦めていた肌悩みを医療レーザーで解決できちゃうという嬉しい時代、メディカルエステ到来なわけです。さて、私のブログを読んでくださっている方はきっと美容オタクの方々が多いと思います。そんな美容オタクのあなたはレーザー治療をした事がありますか?今まで何種類のレーザーをしてきたでしょうか。音ちゅら子は結構やってます・・・はい。以前も書きましたが、色々レーザーをやりすぎてビニール肌になりつつあるので最近では特定のものを程よ~くやっている程度です。

これからレーザーをあてる予定のある方、もしくは通い中の方にひとつ言っておきたいのですが、レーザーは魔法ではないし、おまけにまだ歴史の浅い治療である  という事を頭に入れておいて下さい。
レーザー治療は過去約23年程の歴史しかありません。つまりレーザー照射から23年間後、あるいは、それより短い数年間の実験データしか無い・・という事です。なので、ひょっとしたらこの先ガン発生や毛細血管拡張、白斑などのリスクが出現するかもしれません。美容皮膚科学会でもその事について触れていたようです。

特に私がビックリしたのが近赤外線光を用いた若返りレーザーによるガン化(DNA障害)が懸念されているという事。
近赤外線のレーザーっていったら1100nm~1800nmの長波長レーザーであるタイタンが有名ですね。若返りのレーザーって、いかにどう肌を過熱させて熱変性を起こさせるかっていうのが重要なんだけど、代表的なもので「高周波」「近赤外線」がある。幸い音ちゅら子は高周波(RF)しかやったことないんだけどね。そのうち痛みの少ない近赤外線でもそろそろやらないとなぁと思っていたところでこんなお話をきいたのでビックリです。
なぜ医療現場でも用いられている近赤外線光がそのように言われているのかよく分かりませんが、近赤外線光にかかわらず、どのレーザーもひょっとしたら今後何かしらの重大なリスクがでてくるのかもしれませんね。

照射後の注意もしっかり守る必要があります。
・日焼けNG
・紫外線対策しっかり
・刺激をあたえない
・保湿をいつもよりしっかり行う
・なるべくビタミン剤内服、美白成分配合の外用塗布

などのアフターケアもちゃんと守らないと治療前よりも醜いお肌になってしまう事があります。
魔法ではないので100%満足できる結果ではないかもしれません。

将来の何かしらのリスク、効果の個人差、照射後の注意事項等をしっかり理解して、自分の責任の元治療を始めてください・・・・と皆に言いたい受付嬢の音ちゅら子でした。
なんにせよ程ほどに・・・。欲張ってはいけません。程ほどに・・・程ほどに・・・。


こちらの記事も参考にしてね

・医療レーザー照射後のケアの重要性とアフターケア方法
・プラセンタとは
・万人うけする医療機関専用コスメ:デルファーマ



12.png12.png

音ちゅら子の日常ブログはコチラのアメブロで。

ランキング参加しています。ポチしてくれると嬉しいです。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ  blogram投票ボタン