皮脳同根べっぴんさん

元美容皮膚科勤務の私がお届けする美容情報ブログ
2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

レーザー後の色素沈着徹底予防

今日はいつも照射しているフラクショナルレーザーではなく、Co2フラクショナルレーザーというものを照射してみました。職場に新しく導入されたレーザーです。同じくドット状に穴があくレーザーですが、Co2の方がパワーが強いです。
以前から載せているいつものフラクショナルレーザーとCo2フラクショナルレーザーの照射直後のお肌の様子を見比べてみて下さい。

いつもの↓                     Co2↓
20110624115320f43_20110929203141.jpg t02200293_0800106711514667349.jpg

ものすごく細かい穴があきます。真皮までレーザー光がいくのでニキビ跡や毛穴だけではなくタルミやシワの改善にもなるようです。
Co2の方がパワー強いのに痛みが少ないのでこれからはこちらばかり照射すると思います。
さて、フラクショナルレーザーはお肌をドット状に穴を空けていくものなのでわりとダウンタイムがあります。そしてお肌のダメージも大きいので色素沈着のリスクもかなり上がってしまいます。Co2の方が特になりやすいそうなのでいつもよりも入念な美白ケアが欠かせません。色々通販のお化粧品をお試ししている音ちゃんですが、このようなお肌の状態の時はクリニックで扱っている美白化粧品に頼ります。

音ちゃんが持っている美容皮膚科取り扱い美白コスメはこちらです。
          美白

左から
ホワイトロジー エッセンス W
 リノール酸 ビタミンC誘導体配合
 シミの元を分解して出来てしまった色を薄く還元します。主に肝班に効果を発揮します。

ルミキシル
 ルミキシルペプチド配合
 チロシナーゼ酵素を阻害してシミを元からブロック。ハイドロキノンの17倍もの効果を持ちながら刺激が全く無いので肌タイプを選びません。

APPFローション
 APPS、フラーレン配合
 通常のVC誘導体に比べ100倍以上の浸透力がある新型VC誘導体のAPPSに加え抗酸化作用の高いフラーレン配合のWの作用でシミから守ってくれます。

プラスナノHQクリーム5g
 ハイドロキノン、フラーレン配合
 ハイドロキノンが4%も配合してあるのにかかわらず赤味、皮剥けなどが起こらないように調合されています。

とりあえず今はこの4種類持っています。
色々成分、効果を吟味した結果APPFローションを塗布した後にルミキシル塗布のW使いにしようと思います。
あとはシナールをいつもは2gのところ2.5gに増量し、ビオチン注射もプラスする予定です。
もちろん毎日の日焼け止めもかかせません。これでしっかり予防ができます★

今回照射したCo2フラクショナルレーザーだけではなく、フォトフェイシャルにしろ高周波レーザーにしろお肌には負担がかかっており必ず炎症後の色素沈着のリスクが潜んでいるわけなのでしっかり予防すべきです。レーザー照射すればそれでキレイなお肌ができるのではなく、その後のケアをしっかりしてこそレーザーの効果を最大限に発揮する事ができるのですから。

今度は保湿も大事になってくるので次回はそれをメインに記事かきますね。


12.png12.png

ランキング参加しています。ポチしてくれると嬉しいです。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ  blogram投票ボタン  


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL