皮脳同根べっぴんさん

元美容皮膚科勤務の私がお届けする美容情報ブログ
2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

光り輝く黄金のハリ肌に:新アクアコラーゲンゲル エンリッチリフトEX

過去何度かドクターシーラボさんの製品を使ってきたのですが、今回使ったゲルはかなり私のお肌にしっくりと馴染み、すっかり31歳となった私に希望を与えてくれるアイテムになりそうな予感です。


新アクアコラーゲンゲル エンリッチリフトEX



IMG_9612.jpg

4644円
・ドクターシーラボのブログリポーターに参加中♪

20代後半から徐々に現れ始めるしわ、たるみといったエイジングサイン。
目元、口元の笑いジワが以前に比べなかなか消えないっというのから始まり、気づけばくっきりとシワが刻まれている。そしてお肌のハリも低下し、輪郭も変わってきた気がします。
エイジングは年とともに現れるものなのでこれを食い止めることは出来ません。なので31歳となった今、肌変化への恐怖が私の頭を駆け巡っています。

しかしケアの仕方、用いる化粧品によってそれらのエイジングサインを遅らせることは可能なんです。今回のこのゲルを使って改めてそれを実感しましたよ。




特徴



IMG_9614.jpg


化粧水、乳液、美容液、アイクリーム、クリーム、マッサージクリーム、パック、化粧下地と、一つで8役をこなしてくれるオールインワンタイプとなっていますのでとっても便利ですね。

IMG_9613.jpg


エイジングサインが現れる要因は、紫外線、酸化、糖化など沢山ありますが、特に春は乾燥や寒さなどの過酷な環境によって様々なエイジングサインが表れやすい季節です。この乾燥する季節にぴったりな製品として、こちらのゲルはこっくり濃厚なテクスチャーとなっているんです。
金のコラーゲン、フェイスストレッチ成分がしっかり配合されており、お肌の内側からハリと弾力にあふれるお肌に仕上げてくれます。

口コミでも高い評価でして、お勧め度も星マックスが多く付けられているほどの人気ぶり。
無香料、無合成着色料、無鉱物油、パラベンフリー、アルコールフリーなので、敏感肌、お肌の弱い方でも安心ですね。





使用感



金色のパケが高級感を漂わせています。
朝はパール2粒、夜はさくらんぼ1粒を使用目安として使います。蓋を開けると一緒にスパチュラが入っているので、これにより衛生的にゲルを取り出すことが出来ます。

中は黄色を帯びたぷるぷるのゲルがたっぷりと入っています。ふわっと優しい香りが漂ってきますのでリラックスしたいときにピッタリ。フローラルの香りだそうです。

IMG_9615.jpg

IMG_9616.jpg


テクスチャーは濃厚なのですが、お肌に乗せるとスルスルッと広範囲に伸びてくれましたよ。

IMG_9617.jpg

IMG_9618.jpg

IMG_9619.jpg


けっこう濃厚なテクスチャーです。なのでこわばりやすいこの季節ならではの肌を和らげるマッサージにとても適していると思います。また、乾燥対策のためのゲルパックにも合いますね。色んな使い方ができるアイテムとなっているのも魅力的だと思います。


お肌に馴染ませていくうちに、こっくりテクスチャーのゲルがしっかりお肌の内部に浸透していくのを実感。最初は少しベタつきを感じましたが、10分程経過するとサラっとした肌質に変わっていきます。濃厚なのにこの使用感は不思議な感覚ですね。
こっくりタイプはもっぱらエイジング用のイメージがありますが、年齢問わず、若い方でも苦無く使えると思いますよ。

翌朝のお肌はしっとりぷるぷるになっており、弾力が全然違いますね。これを塗った翌朝から実感できたので驚きました。そしてカピカピ乾燥肌は毛羽立ったお肌がつるんとなり、3日程で乾燥を落ち着かせることに成功。

特に気に入った使い方がマッサージクリームとして使うこと。
私は湯銭に浸かりながらさくらんぼ1粒分を取ってデコルテ、首から始まり、顔全体を優しく引き上げるようにマッサージするのが気に入っています。こうする事で顔の浮腫み解消はもちろん、湯気のスチーム効果により毛穴が開いているので、より美容成分が浸透するんです。そして入浴後にも塗る事でもっちり感を即実感できます。翌日に大切なイベントを控えている時にはとても助かるアイテムです。

これからも使って、エイジングサインの予防に努めていきたいと思います。




ランキング参加しています。ポチしてくれると嬉しいです。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ  blogram投票ボタン  



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL