皮脳同根べっぴんさん

元美容皮膚科勤務の私がお届けする美容情報ブログ
2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05

洗いあがりの手触り、ゆで卵肌!?:ミノン 酵素洗顔パウダー

暑い日が続くと気になってくるのが毛穴のトラブル。皮脂が多く分泌されるようになるので、角栓が溜まったり、黒ずみが気になったり、皮脂多過のせいでニキビができたりと、何かと汚肌になりやすい時期ですよね。冬の季節は乾燥対策として保湿力のある洗顔をメインで使うことが多いのですが、この暑い時期は週に数回ほど、いらないものをしっかり除去できる洗顔で毛穴ごとクリアにしてあげたいものです。

洗浄力が強い洗顔料ときくと、やはりパウダー洗顔が思い当たります。パウダー洗顔にはパパイン酵素が入っていることが多いので、汚れをしっかり取り除き、毛穴の奥の汚れや角質をまるごと洗い流すことが可能です。しかし敏感肌、乾燥肌だとなかなか使うのに躊躇してしまうものでもあります。
でも、ミノンという、敏感肌用シリーズから出ている洗顔パウダーなら、お肌に負担をかけずにしっかりと洗浄することができるんですよ。敏感肌でも毛穴ケアが可能なんです。


ミノン 酵素洗顔パウダー



minon (6)

1500円(税抜)




特徴



ガサガサ・ゴワつきの原因である不要な角質層を酵素の力で優しく取り除いて、つるつるのむき卵肌へと導いてくれる洗顔料です。酵素に加え、植物性アミノ酸系洗浄成分配合によって必要な潤いを守りながら余分な角質をオフしてくれますから敏感肌でも使える様になっています。

minon (1)


いらない角質を落としてくれるので次に使う化粧品の馴染みがよくなり、効果もアップ。顔だけじゃなく体にも使えるのがポイント。
汗や皮脂でより出来やすくなるデコルテや背中のニキビ、ザラツキ、そして二の腕やヒップのざらつきのケアにも最適です。

その人気の高さから、アットコスメのパウダー洗顔料部門で堂々の一位を獲得した製品です。

minon (5)




使用感



週に1,2回のペースで使用しました。
ティースプーン1杯程度を手に取り、少しづつ水を加えながら泡立てていきます。そこまでもこもこの泡がでるわけでは無いので、クリームっぽくなる程度でOKです。

minon (2)

minon (3)

minon (4)


皮脂やザラツキの気になる部分にはしっかりとくるくるして洗っていき、乾燥しやすい頬を最後に洗顔して使いました。
すすいでいる時点から、ざらつきやごわつきが気になっていた部分がつるっと滑らかになっているのを実感。ものすごく気になる部分、たとえば頑固な黒ずみなどには泡パックするとより効果的です。

数回使ったのですが、おかげでずっと気になっていた毛穴の黒ズミ、顎のざらつきなどがスムーズな手触りになり大満足。生理前のニキビやコメドが出来てしまうのを防ぐ効果もあるように感じました。

敏感肌なのに毛穴ケアがしたい、そんな方にはとってもおすすめできるアイテムです。



【第一三共ヘルスケアのモニターに参加中】


第一三共ヘルスケア株式会社のキャンペーンに参加中♪[PR]
第一三共ヘルスケア株式会社のキャンペーンに参加中♪[PR]




ランキング参加しています。ポチしてくれると嬉しいです。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ  blogram投票ボタン  



[ 2016/07/15 13:27 ] 化粧品 洗顔料 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL