皮脳同根べっぴんさん

元美容皮膚科勤務の私がお届けする美容情報ブログ
2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

なりたい肌へメイク:B.A ベースメーク

完璧にベースメイクを仕上げたと思っても、表情によってシワが出てきたり、テカリが起こったり、徐々に肌が乾燥してきたりと、年齢とともにこういった悩みが出てくるようになりました。これらが原因でベースメイクが乱れてしまうと、すっぴんの状態よりも更にひどく見えてしまう印象がありますから、ベースメイクの崩れというのは本当に大嫌い。

ポーラより発売されているこちらのベースメイクは、そういった「肌ノイズ」を抑えて、表情によって動く肌を美しく見せてくれる、新発想のベースメイクとなっています。毛穴の筋やテカリなどを抑えていつまもで美しいベースメイクを保ってくれるのだとか。


ポーラ B.A ベースメーク



ba (3)

・デイセラムL ブライトアップ ¥9720
・クリーミィファンデーションL ¥11880
・フィニッシングパウダー ¥12960
ブログで口コミプロモーションならレビューブログポーラのモニターに参加中




特徴



肌の「動き」に着目して開発したされたという、業界初の試みにチャレンジした製品です。もっぱらエイジング対策というと、動かない状態に着目してしまいますが、あえて動く肌に焦点をあてることで、今ある肌の良さをしっかりと出すことが出来ます。

こちらのメイクアイテムは、B.A共通の美容成分を贅沢に配合させていますから、スキンケア感覚でメイクすることが出来るのも魅力ですよね。
どのアイテムも汗や皮脂でくずれにくいラスティング処方がなされているので長期戦でも安心です。

ba (2)


ブライトアップベースは肌色に近いピンクパープルが配合されているので、時間とともに現れるくすみを抑え、明るい仕上がりへと整えてくれます。そして次に使うファンデーションのフィット感を高めてくれますから是非使ってほしい第一ステップです。

クリーミィファンデーションLはみずみずしいテクスチャーで顔全体に塗布しやすいようになっています。コクのあるまろやかさによって肌と一体化するように馴染んでいくので付けている感じがしない位なのだそうです。なのにシワや毛穴、シミなどをしっかりとカバーしてくれます。こちらにも美容成分が入っているので日中のエイジングケアとしても使えますね。全部で6色展開されているのでぴったりの色が見つかるはず。

最後に付けるフィニッシングパウダーには透明感と血色感を同時に演出してくれる「ルッキングライブリーパウダー」を配合させています。これによって更に美しい艶のあるお肌へメイクできるんですよ。




使用感



見た目がとても華やかなパッケージでテンションあがりますね。高級感が感じられます。

まずは下地をご紹介。
わりと緩いテクスチャーですからするするっとお肌に馴染んでいきます。美容液みたいな感覚で使えましたよ。しっとり肌を保湿してくれる感じもありました。
色は薄いベージュのような感じ。お肌に色はがっつりと付かないのに、毛穴やシワなどを均一に補正してくれている感じがしました。

ba (7)


お次はファンデーション。こちらも水みずしいテクスチャーなのでするっとお肌にのび、ぴったりとフィット。決して厚塗りではないので気になる部分をがっちりとカバーしてくれました。一塗りで十分隠れますからコンシーラーとかはいらないかも。カバー力あるのに重々しさがありませんので、しっかりと肌呼吸もできているかんじ。

ba (1)


最後にパウダーを使用します。わりと大きめの容器に入っています。なかにはふわっふわのパフが入っており、これがまた気持ちいんです♪

ba (4)

ba (5)

ba (6)


ふわっとお肌にヴェールをかけてくれる感じ。使用後はサラッサラのお肌になっており、より明るさと透明感も出てくれましたよ。これをしっかり塗っておくことで日中のメイク崩れも大分防げています。

この三つの使用でうっとりする位綺麗な肌を作れました。これ使っていると周りから「ベースメイク何使ってるの?」とか、「最近肌の調子いいね」っと言われることが多くなりました。おかげで毎日ルンルンな気分♪ベースメイクが決まるとアイメイクやリップメイクも楽しくなっちゃうんですよね。

お肌にも優しいし、メイクしながらのケアが出来るので一石二鳥。素晴らしいメイクアイテムとの出会いに感謝です。




ランキング参加しています。ポチしてくれると嬉しいです。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ  blogram投票ボタン  



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL