皮脳同根べっぴんさん

元美容皮膚科勤務の私がお届けする美容情報ブログ
2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

内側から透明感あふれるお肌に:アンプルール ラグジュアリーホワイト ローションAO II

昔、水泳部という事もあって日焼けする事の多かった中学時代。高校生になってからは美白に目覚めて毎日ホワイトニング化粧品でケアを頑張っていました。そのおかげもあるからなのか、30代の今、目に見えてのくっきりのシミやソバカスなどはありません。しかし将来出てきそうなシミの予防の為にも美白ケアはずっと行っていきたいものです。また、色白肌に憧れているので、少しでも白い透明感のあるお肌になる為にも、しっかりと美白に特化した化粧品を選ぶ必要があります。

そんな願いを叶えてくれるのが、こちらのアンプルールさんの化粧品。出会いは今から6年程前。ハイドロキノンが変色してしまい、なんとか安定されたハイドロキノンは無いかと思い検索していたところ見つけたのが始まり。当初はトライアルセットを使ったのですが、かなり効果に満足。今でも美容液を使っているのですが、今回化粧水を使う機会に恵まれました。さすがの使用感にかなり満足しています。今回のこの記事が皆さんの美白ケアの参考になればと思います。


アンプルール ローションAO II



amp (3)

約1ヶ月分 5,400円(税込)
アンプルール公式ファンサイト参加中




特徴



美白ケアとして有名な成分はいくつかありますが、中でもハイドロキノンはしみの漂白剤とも言われており、美容皮膚科でも取り扱われています。しかし不安定な成分なので、変質して全く違う物質に変わってしまう事が問題でした。

素晴らしい効果がありながらも不安定な成分。

その問題を解決したのがアンプルールさんの美白ライン。ハイドロキノンを安定化させ、しっかりと効かしたい所にアプローチしてくれるので、根本ケアが可能となっています。

amp (4)



新安定型ハイドロキノン配合

皮膚科でシミ治療にも使われているハイドロキノンを安定化させて配合。これによって変質するという問題を解決しました。また、皮膚への刺激を徹底的になくしているので、今までハイドロキノンによる肌の刺激を感じてきた方は安心して使う事が出来ます。

f68f1.jpg



AOカプセルでハイドロキノンの効果をサポート

すぐれた抗酸化力を持っている4つの成分(即効型ビタミンC誘導体、αリポ酸、レスベラトロール、マキベリーエキス)をぎゅぎゅっとカプセルに閉じ込めており、お肌の奥までフレッシュな状態で届けてくれます。これによってシミ・くすみなどの肌老化を根本からリセットしてくれるのだとか。また抗酸化力によって製品自体の酸化をも防いでくれます。


まさに美容液級の特徴があるハイドロキノンローション。使い続けることでクリア素肌力を高める事ができますよ。




使用感



すっきりとシンプルな容器です。一点の曇りもない美白肌を連想させてくれますね。

amp (5)


若干とろみの感じられるローションとなっています。
洗顔後、キレイな肌に塗布。500円玉位の量を手に取り、手の平で包み込むようにしてお肌に馴染ませていきます。最後はしばらく手の平でハンドプレスし、体温を使ってお肌にさらに浸透させていきます。

amp (1)

amp (2)


ぐんぐん吸い込まれていくのが分かりますね。ぎゅっと成分が肌内部に入ってような手ごたえを感じました。しっとりむっちりとしたお肌に仕上げてくれました。そこまでベタつきがありませんので、一年中、どんな季節でも使用できるんじゃないかな。

使用し続けることで、お肌のくすみがなくなり、内側から透明感が出てきたような気がします。顔の色ムラが減った気がする♪
クマにはこの色、ニキビの赤みにはこの色、額にはこの色っというように、下地にカラーコントロールを使って色ムラを調整する必要が無くなりました。これはかなり嬉しい効果。そして、なかなか消えなかったニキビ跡の治りがかなり早い。顔全体の美白に効果を発揮してくれました。

今後さらに紫外線が強くなってきますから、しっかり使ってシミ予防をしたいと思います。将来、真っ新なきれいな肌にしてくれそうな予感。

P_20170509_205212_BF.jpg





ランキング参加しています。ポチしてくれると嬉しいです。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ  blogram投票ボタン  


[ 2017/05/09 17:33 ] 化粧品 化粧水 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL