FC2ブログ

皮脳同根べっぴんさん

元美容皮膚科勤務の私がお届けする美容情報ブログ
2018 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 01

植物の力でアンチエイジング:アンデコール高機能美容オイル①

ナチュラル化粧品って癒しの効果はあるけど、シワ、弛み、乾燥などの肌悩みにはなかなか効果を実感しにくそう、っと思っていた私。しかし鈴木ハーブ研究所から出ている化粧品はしっかりとした手ごたえを感じたブランドの一つ。植物の持つパワーを独自の製造過程、配合比率で入れることで効果的に肌悩みにアプローチしてくれるんです。ハーブについて精通している会社だから成しえる技術。以前からたびたび使わせてもらっていましたが、使うたびに感動がある実感ナチュラルコスメです。

その中で私の一番のお気に入りアイテムをご紹介します。肌を根本からケアし、健康的な肌へと導いてくれる万能オイルです。

アンデコール高機能美容オイル



hfgfd (4)

鈴木ハーブ研究所ファンサイト参加中
実感する、ハーブサイエンスへ。-鈴木ハーブ研究所



特徴



植物の力だけで年齢に負けない肌にしてくれる美容オイルです。
ふっくらとした若々しい肌にし、透明感あふれるハリのある肌にしてくれるのだとか。

hfgfd (1)



素晴らしいフィトの力

お肌の弾力をつかさどっているコラーゲン、女性ホルモンに似た働きをし、肌に力をあたえてくれるダイズエキスが入っています。そしてそれに加えて五つの植物エキス(セージ、ドクダミ、カモミール、メリッサ、トウキンセンカ)を入れることで衰えた肌機能にスイッチを入れ、肌本来がもっている肌をきれいにする力を呼び覚ましてくれます。抗酸化作用、抗炎症作用、代謝活性化など、嬉しい効果が沢山詰まった植物エキスを厳選して配合しており、そしてエキス同士の相乗効果によってさらに効果が上がっているので、最大限植物のパワーを実感できるようになっているんです。




化粧品の浸透率を高める

こちらは洗顔後、一番最初に使うという使用方法になります。最初にオイルを塗ると化粧水などが入りにくくなるのではっと思うものですが、こちらはサイズの違う乳化粒子を配合することでしっかりとお肌に入っていき、肌なじみが大変よくなっているんです。これによって肌に通り道を作ってくれますから、次に使う化粧品の浸透がググっと高まるというプレ化粧水みたいな働きがあるんですよ。




根本ケアが可能

お肌の表面だけのケアではなく、内側に作用することも考えられています。肌自らが潤ってハリを作るお手伝いをすることで美しい肌を育ててくれるんです。いつもきちんとケアしているのになかなか実感がなかった方は是非とも使っていただきたいオイルです。




使用感



パッケージがまさにボタニカルって感じで大好きです。割と小ぶりのガラス瓶に入っており、蓋が金ピカなので高級感が感じられますね。こちらはポンプ式となっているから取り出しラクチン。取り出し口周りがオイルでギトギトになりにくいので衛生的に使用できる形状です。

hfgfd (2)


洗顔後、化粧水などをつける前、要は一番最初に使います。プレ化粧水みたいな要領で使うんですよ。

色味はほとんどないサラっとしたオイル。通常よくあるオイルと違って肌なじみが大変よく、するっと浸透していくように思います。だから肌表面がギラギラしたりベトベトするということは無くしっとり。美容液を塗ったかのような使いやすさでした。

hfgfd (3)

hfgfd (5)


これを塗布した後に化粧水をつけます。これが素晴らしいほどの浸透感でしたよ。化粧水を単独で使用するより、まずはこの美容オイルを塗ってからの方が確実に浸透がわかります。いつものスキンケアにこのオイルを最初にプラスするだけでこんなにも変わるんだってのを実感させてくれました。化粧品は浸透しなければ意味がありませんからね。持っている化粧品のパワーをアップさせるためにもこのオイルはあったほうが良い。

ちなみに今回同じブランドのローションも一緒に使ったのですが、やはり同ブランドでそろえた方が手ごたえを感じますね。使用後のふっくらとしたハリのある肌。つるっと滑らかなキメ。血色豊かな顔。翌朝つい鏡をみてフフフっと嬉しくなってします。そんなアイテムでした。

お肌というのはターンオーバーがありますから、その化粧品の良さを知るには三か月位はかかると思います。なのでまた継続使用のレポートを書いていきますのでお楽しみに♪





ランキング参加しています。ポチしてくれると嬉しいです。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ  blogram投票ボタン  

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL