皮脳同根べっぴんさん

元美容皮膚科勤務の私がお届けする美容情報ブログ
2018 031234567891011121314151617181920212223242526272829302018 05

肌の土台を良くして脱揺らぎ肌:高濃度セラミド原液「セラミド200」

桜もすっかり咲いて本当に春を感じる季節になりましたね。ポカポカ日和で大変心地よい日が続くのですが、紫外線がきつかったり、空気が乾燥したり、朝と夜はまだ寒かったりと安定しない季節でもあるのでお肌も揺らぎがち。そんな時こそ使ってもらいたいのがセラミドの原液。セラミドはお肌の細胞を潤いの糊でピタッと密着させてくれる働きがあるので、外的刺激を受けたとしても肌が過敏になることは無く、強い肌を保ってくれる効果があります。土台から強い肌にしてくれるので、結果として揺らぎにくい肌になるんですよ。原液という高濃度なまま使用することが一番。チューンメーカーズさんのセラミドは原液なのでとってもお勧めです。

高濃度セラミド原液「セラミド200」



jjgfrf (4)

チューンメーカーズファンサイト参加中



特徴



沢山の原液シリーズ発売されているチューンメーカーズさんより出ているからとても安心感のある製品です。

この美容液には米ぬかを精製して抽出させた植物性のセラミドを使用しているんですよ。この成分を肌に浸透するようナノサイズに加工がなされているので、効かしたい部分にしっかり効かす事が可能なんです。お肌が敏感な人でも安心して使えるように防腐剤が入っていませんからとても優しい美容液となっており、敏感肌も乾燥肌もどんな肌にも対応可能です。

jjgfrf (5)


基本的には洗顔後すぐお肌に使用しますが、化粧水として、化粧水前のブースターとして、化粧水にプラスしたりなど、その方のお好みの方法に合わせて使えるし、肌状態によっても使い方を変えたりできますよ。

お肌のバリア機能が低下してしまうとお肌の乾燥はもちろん、外的刺激の影響をとても受けやすい肌となってしまい多くの肌トラブルを招いてしまいます。赤みや痒み、乾燥などの不のスパイラルの原因でもありますね。そこでセラミドを補ってあげることでお肌のバリア機能が回復して保湿力も増しますし、また、アレルギーなどの症状も出にくくなります。なので敏感肌にとってこのセラミドというのはとても重要な役割を果たすわけですから、是非季節の変わり目には使っていただきたい成分です。

jjgfrf (3)


全成分表示
水、1,2-ヘキサンジオール、コメヌカスフィンゴ糖脂質、フェノキシエタノール、水添レシチン、リゾレシチン



使用感



割と小ぶりな瓶なのですが、一回あたりに使う量がそんなにいらないのでコスパはかなり良いと感じました。

jjgfrf (1)


さらっとしたテクスチャーでしたので塗布する時にちょっと垂れちゃいますが、手の平で抑えるとすすっと浸透していきます。通常の美容液みたいにペタっと付けましたーーーっという感じはないのですが、お肌を触ってみるとしっとり潤いがあるのを感じ取ることができるので不思議な感じ。内部から潤っているというのはこういう事を言うんじゃないかなっという感じですね。特に何を使っても乾燥してしまうインナードライ肌の方には効果を実感しやすいかも。

jjgfrf (2)


お肌がしっとりと落ち着くことで確かに赤みとか痒みが出にくくなりますね。ここ三月になってから花粉症がひどくてマスクをしているのですが、マスクの繊維のチクチクが気になったり、マスクを外した時に起こる肌のムズムズする感じがあり結構つらかったです。皮膚科でアレルギーの飲み薬を処方してもらっているのですが、目とか喉には効くんだけど肌の違和感は治らなかったんですよね。でもセラミドの原液の働きもあって、塗布するようになってからかなり軽減された気がする。だからファンデーションもボソボソにならず綺麗に塗れるし、敏感肌とは思えない見た目になったのでセラミドにはとっても感謝してます。

美容クリニック勤務の時もレーザー照射後のセラミド塗布を進めていた位なので、いかにセラミドが大切かよくわかりました。

チューンメーカーズさんの原液はとても信頼できるので、これからも肌悩みに合わせた原液をチョイスしていこうと思います。

TUNEMAKERS(チューンメーカーズ) 「悩める肌に。高濃度の原液」




ランキング参加しています。ポチしてくれると嬉しいです。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ  blogram投票ボタン  



[ 2018/03/29 21:03 ] 化粧品 美溶液 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL