FC2ブログ

皮脳同根べっぴんさん

元美容皮膚科勤務の私がお届けする美容情報ブログ
2019 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 11

チンダル現象とは?

シワ、クマなどのアンチエイジング。そして鼻を高くして形を整えるプチ整形。最近流行の涙袋。これらにはヒアルロン酸というフィラーが欠かせません。

注入すれば即効でふっくら。すぐ効果が実感でき、しかも大掛かりな手術ではないので大変人気の美容治療です。技術にもよりますが、基本的には副作用が少なく、多くの方があまり抵抗無く受けることができます。

さて、そんな便利なヒアルロン酸ではありますが、一つ困った点があります。昔私も鼻にヒアルロン酸を入れたことがあるのですが、光加減により赤く透けて見えるのです!!!コレ、チンダル現象っていうんですよ、知ってました??

チンダル現象とは??wikiより抜粋
光の特性によって起こる物理化学的現象の一つ。分散系に光を通したときに、光が主にミー散乱によって散乱され、光の通路がその斜めや横からでも光って見える現象を言う。

19世紀イギリスの物理学者ジョン・ティンダル (en) によって発見されたため、この名がある。

太陽が雲に隠れているときに雲の切れ間あるいは端から光が漏れ、光線の柱が放射状に地上へ降り注いで見える薄明光線(はくめいこうせん、crepuscular rays)はチンダル現象の一種と考えられている。


ようは光の散乱って事ですね。

浅い層に注入することでこれは生じやすくなります。私は赤色のようなピンク色のような透け感がありましたが、人によっては青白っぽい人もいるようです。
ちなみに板野さんの影響で爆発的に人気になった涙袋のプチ整形。これ受けている方の大半がチンダルになっています。赤っぽいかんじの塊が蛙のお腹みたいにポッコリと

それに悩んで分解注射を受けに来る患者が結構多いです。確かにありゃースッピンだとちょいときついわな・・・と日々思ふ。

そのリスクを一つ考慮に入れてから施術を受けるべきですね。以上。


12.png12.png

ランキング参加しています。ポチしてくれると嬉しいです。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ  blogram投票ボタン  

ダーマローラーは長ければいいのか?

タイトルの通り、コレって興味のある方、これから治療を考えている方にとってはものすごく気になる問題の一つ。確かに針が長い方がいいような気もする。しっかりガツガツやってくれた方が「効く」っというイメージが強い。一度コレについてとある美容皮膚科の先生と話あった事があるので、ちょっとした知識としてここに書いておきます。

ちなみに、コロコロ転がす事によって穴があくんだけど、真っすぐな穴が空くわけではナイ。これ重要。
針がプスっとまっすぐ刺さっても、結局ローラーはコロコロ動いているわけなので、当然針がまっすぐに引き抜かれるわけは無いの。

1ろ


だから、結局下記のような穴が空く。

ろ


針の長さが長いと当然肌の穴も大きくなる。しかもプツプツっというよりは、線状の傷っぽくなるらしいです。だから当然ダウンタイムも長い。


ちなみに、この先生は色々な長さのものを使って実験したらしいんだけど、長ければ長いほど効くっていう訳ではなかったみたい。3mmのものを使用しても、0.5mmのものとあまり差がないっと言っていました。0.5mmの短さであっても、コロコロする時の圧やパス数で大分奥まで刺さるそうです。

色々な長さがありますが、圧やパスで変わってくる治療だという事を予備知識として念頭においた上で治療を受けるといいかもデス。


12.png12.png

ランキング参加しています。ポチしてくれると嬉しいです。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ  blogram投票ボタン  


医療レーザー照射後のケアの重要性とアフターケア方法

レーザー治療の70%は患者さんが握っているとまで言われているのをご存知でしたか?
レーザーの効果を最大限に引き出し成功へと導くには患者さん自身の協力が大変必要になってきます。
そもそもレーザー治療はメスや針などを使用せず気になるところだけを局所的に治療できる素晴らしい治療方法です。美容皮膚科クリニックや一般の皮膚科でもレーザーを何台か導入していますし、様々なレーザーが新しく開発されては市場に出回っているので、何年か前に比べるととても身近な存在になってきています。値段も安くなってきているので気軽に受けられ時代になってきました。
でも、肌には負担をかけているわけなのでもちろん肌も何かしらの影響を受けやすく、患者さんの術前、術後の不適切なケアによっては、色素沈着や軽い火傷などの副作用が起こってしまう確率がとても高いと言われています。

よくある副作用としましては
・色素沈着
・火傷
・乾燥
・水膨れ
・色素脱失
・炎症
 などなど・・・。

色素沈着・火傷・乾燥・炎症については患者さん自身のケアが深く関わっています。(他は施術者の設定や手技が原因)
これらを予防、ケアする方法をご紹介します。

■刺激を与えない


レーザー照射後のお肌はとても敏感になっているので洗顔やメイクの際あまり擦らない様に注意してください。
洗顔時は泡をたっぷりと泡立ててやさしく洗顔。
ファンデーションはなるべく避けていただきたいのですが、どうしてもって方はパフで上から押さえるように付けて下さい。
瘡蓋は絶対に無理にめくらない事!!


■紫外線カット


お肌のバリア機能が弱くなっている状態なので紫外線の影響を受けやすい状態になっています。
帽子、日傘、サンスクリーンなどでしっかり紫外線対策をして下さい。お部屋の蛍光灯からも微量の紫外線が出ているので、お家の中にいる時も日焼け止めは塗っておいた方が無難です。
SPF50など数値の高いものは肌に負担がかかるのでSPF30位までで良いと思います。
クリニック取り扱いの日焼け止めならレーザー後のお肌にも優しく使用出来るようになっているので数値が高くても安心ですよ。
レーザー照射前の1~2ヶ月前に日焼けをしたお肌は、目に見える変化がなくても皮膚内のメラニン分布にバラつきがあり、局所的にメラニンが増殖している場合があります。そのためレーザー光の吸収が高く火傷を起こしやすいのでレーザー治療には日焼けはNGです!徹底してください!

product015.jpg
デルファーマ デイプロテクション+
紫外線吸収剤フリーで、しっとりコクのある使い心地の日焼け止め乳液。エーデルワイスのエキスと脂溶性ビタミンC誘導体が肌をいたわってくれます。


他にも、抗酸化作用のあるフラーレン配合のプラスリストア UVミルクもおすすめです。



■しっかり保湿する


とても乾燥しやすくなるので洗顔後はしっかり保湿して下さい。そうする事で瘡蓋も早く取れ、油分で肌を守る事によってキズの治りも早くなり、結果ダウンタイムが短くなります。化粧水、乳液などで保湿するよりオイル系でしっかり膜を作ってあげる事がポイントです。なるべく延びがいいサラっとしたオイルがおすすめです。白色ワセリンだといつまでもベトベトして扱いにくいです。

RIMG0209mini_20111001204819.jpg
ソンバーユ
浸透性がとても高く肌の炎症も抑えてくれる万能オイル。音ちゅら子太鼓判!レーザー後は必ずつけています。


1341.jpg
バイオイル
オイルに植物エキスやビタミンなどを配合したオイル。妊娠線、ストレッチマーク、ニキビ痕ケアにも用いられています。


医薬品ならば白色ワセリン プロペトがあります。塗りにくいですけど・・・。


■内服薬・注射の併用


色素沈着予防にVC、トラネキサム酸、Lシステイン
炎症抑制にビオチン
アレルギー・湿疹予防にカンゾウエキス配合の強力ネオミノファーゲンシー
などを一緒に内服、注射で補う事で内側からしっかりアフターケアができます。レーザー照射の1ヶ月ほど前から内服だけでも始めたほうがより効果的です。特にVCは水溶性ですぐに尿として排泄されてしまうのでこまめに摂取するといいです。音ちゅら子は2500mgを目安にこまめに摂っています。基本的に錠剤より粉末をジュースに溶かして飲んだほうが吸収がいいですよ。

t02200165_0800060011422874296.jpg  t02200391_0480085410945498511.jpg



■外用による美白ケア


ハイドロキノン、リノール酸、新型VC誘導体(APPS)、ルミキシルペプチドなど数多くの美白成分から自分に合ったものをチョイスして上手く取り入れていって下さい。治療が終わってもしばらくは使用し続けた方がいいです。

          美白

左から
サンスター エクイタンス:ホワイトロジーエッセンス
 リノール酸 ビタミンC誘導体配合
 シミの元を分解して出来てしまった色を薄く還元します。主に肝班に効果を発揮します。

スタンフォード大学開発:ルミキシル
 ルミキシルペプチド配合
 チロシナーゼ酵素を阻害してシミを元からブロック。ハイドロキノンの17倍もの効果を持ちながら刺激が全く無いので肌タイプを選びません。

ITO:APPFローション 
 APPS、フラーレン配合
 通常のVC誘導体に比べ100倍以上の浸透力がある新型VC誘導体のAPPSに加え抗酸化作用の高いフラーレン配合のWの作用でシミから守ってくれます。

プラスリストア:ナノHQクリームEX
 ハイドロキノン、フラーレン配合
 ハイドロキノンが4%も配合してあるのにかかわらず赤味、皮剥けなどが起こらないように調合されています。


■お酒、タバコを控える


せっかく美白ケアしても飲酒や喫煙でVCが足りなくなってしまいます。
お酒を飲むと身体があたたまるので照射した部位がジンジンしてきたり痒みが出たり、より炎症がすすんでしまったりするのでなるべく当日は控えた方がいいです。(長風呂、激しい運動もNG)

illust309_thumb.gif  imagesCAFLWAU0.jpg




以上をしっかり守れば副作用のリスクは高確率で回避できます。
参考になれば幸いです

関連記事・・・・レーザー後の色素沈着徹底予防

今日の記事はまた新情報が入り次第随時書き加えていくのでチョイチョイ覗いてみてください。

12.png12.png

ランキング参加しています。ポチしてくれると嬉しいです。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ  blogram投票ボタン